HG MS-06R-1A 高機動型ザクll(マッシュ機) 製作記 2(ガンダムジオリジン版)

HG MS-06R-1A 高機動型ザクll(マッシュ機) 製作記 2(ガンダムジオリジン版)

※写真は全て撮って出しになります。(お見苦しくてすみません。)
完成品ギャラリーはある程度完成品がストック出来た段階で制作予定です。

高機動型ザクII(マッシュ機)制作記 2になります。
時間が取れず、駆け足での紹介ですがご覧いただければ嬉しいです。
さて、前回は、塗装を終えてトップコート吹くところまで行きましたので、
まずは、デカールを貼って行きます。

ここで、思いっきり勘違いをしておりました。てっきり水転写式のデカールだと思って用意を進め、以下写真。。

HGは水転写式のデカールではなく、スタンダードとしてテトロンシールが付属するのですね。(危なく水に漬けるところでした・・

仕方なく、マニュアル通りにこのテトロンシールを貼って行きますが、やはり、シールなので厚みが気になります。これは認識不足でした。次回からは、水転写式のデカールを用意します。やはり、自分で作る必要がありそうですね。

テトロンシールを貼り終えました。このあとつや消しコートを吹き、組み立てて完成です。・・・と思いましたが、やはり納得が行かず、ウェポンだけでもと思い余っていた水転写式の普通のデカールです。を貼りました。もちろん貼る際に、マークセッターを使用して馴染ませているので、貼り後も気ならず良い感じです。

スコープとモノアイはWAVE オプションシステム シリーズ Hアイズ 1 ピンクに置き換えました。透明のパーツにディテールアップすることができます。こちら背面をミラークロームで軽く吹き、より明るくなるようにしました。この手のビルドアップパーツを使用すると一気にグッと締まりますね。今回は以上です。

最後までご覧頂きありがとうございました。
次回は、組み立て完成編になります。