HG THE ORIGIN MS-06S シャア専用ザク 製作記 3

HG THE ORIGIN MS-06S シャア専用ザク 製作記 3

HG THE ORIGIN MS-06S シャア専用ザク 製作記 3です。
今回は加工処理を終え、塗装に入ります。

まずは、成形したパーツの確認も含めサフを吹いて行きます。
関節はいつものようにサーフェーサーのメカサフSuper Heavyです。
このサーフェイサーは下地塗装と本塗装を一度でこなせる優れものです。
(サーフェイサーの画像撮り忘れました。。)

そしてボディーのサフはサーフェーサーエヴォのオキサドレッドを仕様しました。今回は黒立ち上げではなく、すっきりとしたレッドに仕上げたいと思いこのサーフェーサーを選びました。

オキサドレッド

続いて、ボディのレッド2種類を調色していきます。
オリジナルTV版の明るいレッドにするか、最近発売されたGUNDAM FIX FIGURATION METAL COMPOSITE 機動戦士ガンダム MS-06S シャア専用ザクII の色味が私はお気に入りですので、こちらに近づけるようにしました。(オールドファンにはイマイチなんですかね、この色味。、)

まずは明るいレッドです。
クレオス
・モンザレッド
・マルーン
ガイア
・アルティメットホワイト
フィニッシャーズ
・ピュアレッド

次に濃いレッドです。
クレオス
・マルーン
ガイア
・アルティメットホワイト
・ブラッドレッドです。

そして塗り上がりです。
後ハメパーツもこんな具合で仕上がりました。

削り込んでパーツはこんな感じです。

そして仮組です。

オリジン版のザクはマッシブでプロポーションが良いです。
私的にはだいぶいい感じの仕上がりです。

続いて、デカール作業の前にトップコート(ツヤあり)で滑らかな塗膜を形成します。ぐるっと1週です。

足のバーニアはメタルパーツに換装しています。こちらはメタルプライマーを最初に吹き付け、塗料剥がれを防止します。その後シルバーを吹いからクリアレッドを吹いてツヤ感を出しています。

今回は以上です。
次回はデカール貼りで最終回になります。
最後までご覧頂きましてありがとうございます。